• 「8020運動」の名前が広まって久しくなりましたが、いくつになっても自分の歯で食事ができることは理想的ですね。
    永久歯は親知らずを含めると32本になりますが、そのうちの20本を80代になってからも残すことは、並大抵のことではないかもしれません。
    歯のありがたさは失ってから気付くことも少なくないのです。
    そのため、自分で経験してみないと分かりませんが、歯は自然に治るものではないだけに、歯を失った人の話を真摯に受け止めるようにしたいですね。
    また、医療技術は日進月歩ですので、これまでは不可能だった治療も可能になっています。
    たとえば、「スマイル10デンタルクリニック」では、マイクロスコープによる精密歯科治療を行っています。
    こちらのクリニックは横浜市都筑区のセンター北駅から徒歩1分の距離にあり、センター北の歯科のひとつです。
    虫歯の治療は、早期発見が大きな鍵を握ることはいうまでもありません。
    しかし、マイクロスコープ(歯科治療用顕微鏡)などを使うことによって、二次カリエス(銀歯の再治療)のリスク軽減にも役立っています。
    やはり、精密な機器を使うことで、勘や経験に頼った肉眼の治療よりも、修復物の適合がよくなるメリットがあります。

    マイクロスコープ精密歯科治療で知られる、センター北の歯科 はコメントを受け付けていません。