• 留学中の住まいに「寮」という選択肢も

    留学するときは、期間の長短にかかわらず、どこで暮らすかを決める必要があります。
    そのひとつに「寮」があり、こちらは、日本の学校や会社にも備わっているため、寮生活を経験した人もいるのではないでしょうか。
    寮での生活を楽しむためには、常に「共同生活している」との意識を持つことが大切です。
    特に、「大学寮」は同じ学校に通う人が集まるため、メリットもデメリットも生じます。
    学校で顔を合わせる機会も多いため、不要なトラブルを避けることが望ましいですよね。
    寮の部屋は個室が少なく、何人かでの共同生活をする必要があります。
    そのため、お互いにストレスを感じないように、気持ちよく生活したいものです。
    共用スペースを使うときのルールはきちんと守る必要があります。
    これらの場所の清掃は、週1回などの割合で業者が行うところもありますが、もし、汚したときは自分で掃除することが大事です。
    また、冷蔵庫などを利用する場合、私物には名前を書いておきましょう。
    これらの注意点は、どのようなタイプの寮を選ぶ場合も言えることです。
    なお、寮には民間が経営する「レジデンス」もあり、こちらに入ると違う学校に通う学生とも交流することも可能です。

    Published on 11月 26, 2018 · Filed under: その他;
    留学中の住まいに「寮」という選択肢も はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.