• 手荒れは深刻!美容師はどうしている?

    ふだん洗い物をする機会が多い人にとって、手荒れを防ぐことは大きな課題ですよね。
    どれくらいダメージがあるのかは個々によっても異なります。
    また、季節によっても変わってくるでしょう。
    しかし、冬場になると手荒れの人が増えるのは、スキンケア商品のCMなどでも納得できますよね。
    私もそのひとり。
    1年のうち半分は、深刻な手荒れに悩んでいます。
    ちょっと水を触っただけで、手全体がサツマイモのように膨れ、指先は完熟プチトマト状態という、悲惨な状態でパソコンと格闘しています。
    そんな私が思うことは美容師の大変さです。
    美容院の仕事のひとつにシャンプーがあります。
    そのため、手荒れしやすい体質の人にとっては死活問題です。
    それを防ぐ方法として手袋の着用がありますが、メリットばかりではないため難しいところです。
    手袋を使うとお湯の温度がわかりにくい、お客様に違和感を与えるなど、いろいろな課題があると言われています。
    また、美容院によっては手袋を禁止しているところもあるようです。
    もちろん、毛染めにともなうシャンプーのときは手袋を使いますが、それ以外で使わないのは厳しいのではないでしょうか。

    Published on 2月 4, 2019 · Filed under: その他;
    手荒れは深刻!美容師はどうしている? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.