• 税理士の役割

    税理士の役割は、個人や会社の顧問になって経営や申告、決算などのサポートをおこなうことです。
    日本には、いろんな税金がありますよね。
    スーパーやコンビニ、デパートで、何か買い物をすると自動的に払っている「消費税」は一番身近に感じる税金です。
    それから、持ち家や土地を持っている人にかかってくる「固定資産税」、親から資産を譲り受けるときにかかる「相続税」など、自分にあまり関係がないと詳しいことはわからない人も多いかもしれません。
    それから自営業や年金受給者の人は、1年に1回確定申告をする必要があります。
    この手続きは、めんどくさいので苦手だと思っている方も多いことでしょう。
    こういった人たちをやさしくサポートしてくれるのが、税理士さんなんです。
    税理士は、税金のことがあまりわからない人に代わって、難しい税務に関する書類を作成したり税務署に申告をおこなってくれます。
    また、会社の顧問として働いている税理士は、会社の経営が上向くように経営のコンサルタント業務もおこなっています。
    そして税理士ならではの仕事、節税の仕方についてもアドバイスをしてくれるので、とても頼りになる存在なのです。

    Published on 6月 3, 2019 · Filed under: その他;
    税理士の役割 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.